560SEL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013-09-09

「560SEL」

 

ずいぶん前の話、

まだ10代の頃の自分にとってのイメージでは、「560SEL」高級車の代名詞とも言える車でした。

憧れていた、とか、夢の車だった、というわけでもなかったのですが、バブル時代に沸く日本において、街にはたくさんの560SELを見かけ、それにつれ、「時代の覇者」のイメージが強かったのです。

 

 

そして、560SELといえばこの色、カラーコード904、ミッドナイトブルーではないでしょうか。

 

560SEL4

 

 

ソリッドな紺色のこの塗装。

当時の塗装は塗膜が厚くて強靭で、25年たった今でも磨きさえすれば、新車と変わらない輝きを見せてくれます。

メタリックカラーが大半でクリア塗装で仕上げられた現代の車と比べると、その直球で深い色を本当に美しく思います。

W126以降の車両のW140やW210にもこの色は使われていきましたが、このW126が一番似合う色だったと確信しています。

 

 

 560SEL2

 

 巻き上げた砂や雪においても後方車両からの視認性を損なわない、大きな凹凸のテールランプ。

 

窓のモールの部分はくすみが出ることが多いですが、この車両は驚くほどきれいでした。

よほど保管状態が良いのでしょう。

 560SEL3

 

 

筆者は20代のころ、シュテルン系のディーラーに勤務をしておりました。

そのころ、少し無理をしてクーペタイプの560SECに乗っていたのですが、当時から10年以上たった今、今日改めてこの同じW126の560SELに乗ってみると、その味わい深い乗り味に感激いたしました。

 

 

この560SELは、電子制御パーツだらけの車になる前の最後の時代の車、といっても良いでしょう。

メカニカルフューエルインジェクションの「CIS-E」が作り出す、マイルドで、アナログで生き物のようなエンジンフィールとかすかに聞こえる吸気音。

古くてもやはり「Sクラス」らしさを存分に感じることの出来る、足廻り。
少々へたりと疲れを感じる足廻りにも、いとおしさを感じてしまいます。

ハンドルのレザーは現代のシボ加工の多い革とは違い、これがもともと動物の皮だったんだな、と感じられるような、手に吸い付くようなフィーリング。

少しの間のドライブでしたが、20代のあの頃の自分には気が付くことが出来なかった、「W126」の魅力をたくさん発見することが出来ました。

 

 560SEL1

 

新型のSクラスW222が販売開始をした今、4世代前の車となるW126。

これからも、コンディションの良い車体が、永く残ってくれることを心より祈ります。

 

この車両もお客様に納めさせていただいてから、今日で7回目の車検を迎えました。

いつも丁寧に、大事に乗っていただいていることを、とてもうれしく思います。

ありがとうございます。

 

 

古い車を大事に乗られている方も、クレシェンドは全力でサポートをさせていただきます。 

 

 

 

 

 

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-お問い合わせ お問い合わせフォーム
  • ブログ内検索
  • オーダー販売
  • お問い合わせ
  • CRESCENDO'Sブログ
  • 求人情報
  • ENGLISH
  • キャンペーン情報

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-

アクセス

本社ショールーム
神奈川県横浜市神奈川区松本町3-21-20
モータープール
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢上町
港北テクニカルサービス
神奈川県横浜市都筑区池辺町3265

ご来店の際は事前にお電話をお願いします。

営業時間

10:00~19:00(月曜定休)
※木曜日は電話のみの対応となります。

お問い合わせ

販売に関するお電話でのお問い合わせは
電話番号:045-322-3063
整備に関するお電話でのお問い合わせは
電話番号:045-317-5133
メールでのお問い合わせは
お問い合わせ
  • アンティーククレシェンド
Copyright(c) CRESCENDO All Rights Reserved.