ドラッグレース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-09-26

ヨーロッパ車の取り扱いの多いクレシェンドですが、少しだけアメリカ車のお客様もおられます。

 

アメリカ車といえばやっぱりデッカイV8エンジン。

 

あちらのエンジンのサイズはキュービックインチという単位ですが、良く聞く「350ci」エンジンっていうのは5700ccの排気量。

 

5700ccなんて、アメリカではスモールサイズです。

427ciくらいからビッグブロック、502ciくらいまであります。8200ccですね。
でかいです、ホントに。
で、でかくてタフなんですね。で、排気量に物をいわせて、改造して行くととんでもない馬力になります。

 

一部のアメリカ人は大パワーが大好きですから、どんどんパワーを上げて、当然の様にゼロスタートで1/4マイルを走る「ドラッグレース」をやるわけです。

 

僕もエンジンが好きなので、富士スピードウェイのドラッグレースに何度か行きました。

幸運にも運営者の手伝いというテイで、パドックやスタートエリアにも自由に立ち入らせていただけました。

 

もう、近くでみるとやっぱりすごいです。
いち、メカニックとしても非常に興味深い事が多いです。
一番上のカテゴリーの「トップフューエル」は、燃料はニトロです。
ナイトロメタンといわれているやつです。
ガソリンの二倍以上のパワーの出る燃料です。

まずエンジンをかけるときはガソリンでスタートし、かかったらニトロのノズルを開いていきます。

 

もちろんとんでもないパワーのエンジンなので、ガソリンでもすごい排気音なのですが、ニトロを混ぜていくと、

 

ボボボボボボボ、というエンジン音が、バリバリバリバリ!!!という凶暴な音に変わっていきます。

 

そうすると、このエンジンが8000馬力とか、10000馬力とか、桁違いのパワーを持つ事になります。

 

そんなパワーで400メートルを4-5秒台で走ります。
ゼロスタートで、400メートルのゴール地点で時速500キロになります。

 

そんなトップフューエルですが、予選から決勝までは、何度か走る事になりますが、400メートルを全開で走ってピットに帰ってくると、エンジンをバラします。

さすがにバラバラにはしませんが、オイルパンを外してクランクメタルを外して点検したり、シリンダーの内壁に傷が無いか、という、所までを一回走るごとにやります。

 

そのメカニックの作業スピードや、真剣さがとにかくかっこ良くて。

レース自体ももちろん楽しいのですが、パドックエリアもレースの醍醐味です。

ドラッグレースにはカテゴリーがたくさんありますが、ジェットカーも楽しいです。

 

これもすごい馬力なのですが、そのアフターバーナー時の音と、温度がすごいです。

 

言葉で、温度が、といっても伝わりにくいと思うのですが、現場にいると何度観ても、にやけてしまうほど楽しいです。

 

 

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-お問い合わせ お問い合わせフォーム
  • ブログ内検索
  • オーダー販売
  • お問い合わせ
  • CRESCENDO'Sブログ
  • 求人情報
  • ENGLISH
  • キャンペーン情報

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-

アクセス

本社ショールーム
神奈川県横浜市神奈川区松本町3-21-20
モータープール
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢上町
港北テクニカルサービス
神奈川県横浜市都筑区池辺町3265

ご来店の際は事前にお電話をお願いします。

営業時間

10:00~18:00(月曜定休)
※木曜日は電話のみの対応となります。

お問い合わせ

販売に関するお電話でのお問い合わせは
電話番号:045-322-3063
メールでのお問い合わせは
お問い合わせ
  • アンティーククレシェンド
Copyright(c) CRESCENDO All Rights Reserved.