W222 「S65 AMG」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013-11-20

W222の新型Sクラスに、フラッグシップモデルとして「S65 AMG」がいよいよ発表となります。

 

記念すべきワールドプレミアの場は、11月22日から一般公開が始まる第43回 東京モーターショーなのです。

 

585psを発生するAMG社製5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載した「S63 AMG long」、AMG専用4輪駆動システム「AMG 4MATIC」を採用した「S 63 AMG 4MATIC long」に続いての発表になった、「W222 Sクラス」の歴代最強のAMG、「S65 AMG」です。

 

 

mercedes-benz_s65amg_001

 

 

 

 

この新型「S65 AMG」は、ロングホイールベース専用モデルで、日本導入され、販売されるときは、車名が「S65 AMG long」と、先代のネーミングになると予想されます。

 

 

mercedes-benz_s65amg_002

 

 

エンジンは先代モデルと同じ5,980ccのV12 ツインターボで、最高出力630ps を4,800-5,400 rpmで発生。102kgmの最大トルクを2,300-4,300 rpmの低回転域で発生します。

これだけの高出力は現行メルセデスではトップとなるスペックで、燃料消費量は、リッターあたり8.4kmで、0-100km/h加速は4.3秒、最高速度はリミッター作動の250km/hとなっています。

 

 

mercedes-benz_s65amg_015

 

マジックボディコントロール付きのAMGサスペンションやダイナミックコーナリングアシストなど、走りのパフォーマンスは「S 63 AMG」と同じです。

mercedes-benz_s65amg_018

 

 

 

『マジックボディコントロール』は今回のw222から投入された興味深い技術の一つはで、これはフロントガラスに搭載されたステレオカメラで前方15mの路面を確認しつつ、アクティブサスペンションを予め制御して最適な乗り心地を提供しようというものです。

突起物があると一端フロントサスペンションを伸ばし、障害物に乗ったところでたっぷりとしたサスペンションストロークで吸収して、フラットな乗り心地を実現するのです。
かなり大きな段差にも対応するそうで、後席での乗り心地は驚くべき快適さを実現し、突き上げ感などは皆無だそうです。

この機能が作動するためには条件があり、130km/h以下での走行時にカメラが路面の凹凸を確認できる必要があります。
例えば夜間や、曇りで路面判別が難しい時は作動しません。
しかし、もともとマジックボディコントロールはベースの車体の乗り心地に加えて作動するアイテムのため、マジックボディコントロール非作動時は通常のABCサスペンションが機能するので、普通のW222 Sクラスの乗り心地であるということです。

このボディマジックコントロールはS550 ロングにオプション設定があり、「63」「65」などAMGには標準装備となっています。

いやはや、技術の進歩とは、すばらしいですね。

 

 

 

 

 

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-お問い合わせ お問い合わせフォーム
  • ブログ内検索
  • オーダー販売
  • お問い合わせ
  • CRESCENDO'Sブログ
  • 求人情報
  • ENGLISH
  • キャンペーン情報

CRESCENDO-株式会社クレシェンド-

アクセス

本社ショールーム
神奈川県横浜市神奈川区松本町3-21-20
モータープール
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢上町
港北テクニカルサービス
神奈川県横浜市都筑区池辺町3265

ご来店の際は事前にお電話をお願いします。

営業時間

10:00~19:00(月曜定休)
※木曜日は電話のみの対応となります。

お問い合わせ

販売に関するお電話でのお問い合わせは
電話番号:045-322-3063
整備に関するお電話でのお問い合わせは
電話番号:045-317-5133
メールでのお問い合わせは
お問い合わせ
  • アンティーククレシェンド
Copyright(c) CRESCENDO All Rights Reserved.